薬用ヒビン

従来の育毛剤では説明が出来なかった※1毛のパラドックスを解決できる
日置医学博士の「新脱毛理論」から生まれた「薬用ヒビン」

今までは活性型男性ホルモンから出る脱毛を促すシグナルは毛乳頭細胞で作られていると考えられていました。 しかしそれではなぜ男性のヒゲは伸び、頭髪だけ無くなっていくのか説明できませんでした。

  • 毛のパラドックス

しかし日置医学博士が唱える説では
・ 毛の成長と抑制という相反するシグナルは別々の司令塔から出ている
・ 毛乳頭細胞では毛を成長させるシグナルが出ている。
・ 皮脂腺細胞からは、毛を抜けさせるシグナルが出ている
こう考えると 毛のパラドックスがすっかり解決します。

日置医学博士の理論を踏まえた「薬用ヒビン」の働きとは

薬用ヒビンはTGF―βという成長因子をブロックする目的で考え出された育毛剤です。
開発の大部分はいかにTGF-βのみをブロックできるかという一点に絞られてきました。

薬用ヒビン

薬用ヒビン

内容量:105ml
定価:12,000円(税抜)
脱毛因子をブロックし抜け毛を防ぐ特許取得の薬用ヒビン

薬用ヒビンについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら
page top